速報:青森県おでかけキャンペーン受付中。

期間:3月30日宿泊分まで受付。定員になり次第終了となりますのでご了承下さい。
詳しくは電話にてお問合せ下さい。

ランプの宿「青荷温泉」とは・・・

開湯 昭和4年、秘境青荷渓谷の渓流沿いに本館と3棟のはなれが散在する青荷温泉は、 ランプの宿として知られる、ひな びた風情の秘湯です。
2001年より通年営業となり、雪の多い冬期間も営業しております。
四つのお風呂「健六の湯」 「・露天風呂」 ・「本館内湯」・「滝見の湯」を、 「ゆったど・じったど」湯巡りしながら、青荷渓谷の豊かな自然を楽しみに「来いへぇ〜!」
ランプ-01
内湯-01
囲炉裏の間-01
帳場
雪の正面玄関
01-健六の湯
02-紅葉の秋から晩秋へ
03-晩秋健六の湯
04そして静寂の冬・・・
静寂の冬
06-よぐきたねし

所在地 〒036−0402
青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1の7
пF0172-54-8588 Fax:0172-54-2655
公式サイト: https://www.aoninet.com/

宿泊施設

本館・水車館、離れ三棟 全和室、宿泊人数:100人
(浴衣・タオル・ハブラシの用意あり)

風呂(四ヶ所)

健六:(男女別) 
本館内湯:
(男女別) 
滝見の湯:(男女別)
露天風呂:(混浴:レディース・タイム有)

最新情報

Web版 青荷便りです。
ランプの宿青荷温泉の今日この頃を感じてけぇ〜・・・・

  ”津軽弁” ( ほらぁ、出だべぇ〜!
発音・イントネーションは帳場で聞でけぇ〜
)
 ←マウスを乗せると・・・

★ いよいよ降り始めた、今年の雪っこ (1/16)

  • 濃霧にクスム青荷の山道途中
  • 屋根にはのっそり雪の青荷玄関
  • 露天風呂と離れ
  • 健六の湯
  • 復興した吊り橋とその先に有る「ふるさと館」
  • 幻渓楼
  • 竜神の滝
  • 離れから見る本館裏手
  • 未だしがみ付く枯葉
  • 今年の冬はどした冬?

     昨年は大雨に大打撃の青荷温泉。

     吊り橋は崩壊、「露天風呂」・「滝見の湯」は土砂に埋まり、「ふるさと館」は浸水の為たたみの敷き替え等の被害を受けお客さんに不便を掛ける事に・・・

     それにもかかわらず、逆にお客さんから「がんばれ・ケッパレ」の励ましを受け、何とか年末には「露天風呂」再開へと漕ぎつけた年末。

     ここに来て、吊り橋が本館⇔離れを繋ぐことでかなりの前進を見、春へ向けた新年のスタートを切った青荷温泉だ。

     さぁ〜、こうして明けた2023年、今年の冬は  ”どんだべなぁ〜?” ( どんだべなぁ〜?=どうだろう?
    この場合、今年の冬はどうかな?
    )

      へばぁ皆でまだ  ”けっぱるぞ〜!!” ( けっぱるぞ〜!!=がんばるぞ〜!!
    この場合、さぁ〜、それじゃあまた皆でがんばるぞ!!
    )

    ★ 冬期間営業の知らせっこ!

     これからの冬期間(12月〜3月)、の青荷山道は一般車両は通行止めとなります。

     それに伴いお客様の"自家用車"は道の駅「虹の湖」へ置いて頂き、そこから当社の"青荷シャトルバス"に乗換て頂き青荷温泉までとなります。

     その為、日帰り・宿泊を問わず事前予約は必須です。

     送迎時間等に関してはこちらをご覧ください

     各自一人一人、強い意識で万全のコロナ対策!!

    コロナ対策

    当青荷温泉は、新型コロナに対し以下を実行中です。

    • チェックイン時、すべてのお客様の本人確認と検温を実施しております。
    • 従業員の毎日の健康管理とマスク着用、手指消毒を徹底しております。
    • 施設内の定期的な換気、清掃、消毒を徹底しております。
    • 人との適切な距離を確保するための工夫を実施しております。
    • 発熱などの症状のあるお客様には、利用の自粛をお願いしております。

     ★ ご予約はこちらもご利用いただけます

    オンライン予約はこちらもご利用できます

    PAGE TOP