ランプの宿「青荷温泉」とは・・・

開湯 昭和4年、秘境青荷渓谷の渓流沿いに本館と3棟のはなれが散在する青荷温泉は、 ランプの宿として知られる、ひな びた風情の秘湯です。
2001年より通年営業となり、雪の多い冬期間も営業しております。
四つのお風呂「健六の湯」 「・露天風呂」 ・「本館内湯」・「滝見の湯」を、 「ゆったど・じったど」湯巡りしながら、青荷渓谷の豊かな自然を楽しみに「来いへぇ〜!」
ランプ-01
内湯-01
囲炉裏の間-01
帳場
雪の正面玄関
01-健六の湯
02-紅葉の秋から晩秋へ
03-晩秋健六の湯
04そして静寂の冬・・・
静寂の冬
06-よぐきたねし
08-只今営業中

所在地 〒036−0402
青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1の7
пF0172-54-8588 Fax:0172-54-2655
公式サイト: https://www.aoninet.com/

宿泊施設

本館・水車館、離れ三棟 全和室、宿泊人数:100人
(浴衣・タオル・ハブラシの用意あり)

風呂(四ヶ所)

健六:(男女別) 
本館内湯:
(男女別) 
滝見の湯:(男女別)
露天風呂:(混浴:レディース・タイム有)

最新情報

Web版 青荷便りです。
ランプの宿青荷温泉の今日この頃を感じてけぇ〜・・・・

”津軽弁” ( ほらぁ、出だべぇ〜!
発音・イントネーションは帳場で聞でけぇ〜
)
 ←マウスを乗せると・・・

★ 冬の青荷温泉、楽しみに来いへぇ〜! (1/16)

  • 青荷正面玄関と水車館
  • のめくり坂から見る水車館
  • のめくり坂から見る「健六の湯」
  • のめくり坂から見る水車館-2
  • 青荷川の大石には雪帽子
  • 健六の湯
  • 雪の木の枝越しに見る「幻渓楼」
  • 吊り橋トンネル越しに見る「幻渓楼」
  • 雪の雑木林
  • やっとシバレ(凍れ)解けた青荷温泉 ・・・ (1/16)

     新年早々の寒波で大騒ぎの日本列島!

     ここ青荷温泉も数日前までは雪に埋もれる日々、何より寒波がすごい。

     ここ二・三日、ようやく気温が緩み周辺の木々には残雪がくっつき、ふんわりした雪が重たい雪に変身。

     終いには大枝をギューッと弓なりにし、そちこちにアーチを掛け大枝アートとなっている。

     シバレの中でも  ”ぬぐだまる湯っこ” ( ぬぐだまる湯っこ=温まるお湯
    この場合「温まるお湯を一杯溜めて待ってます」
    )
      ズッパド溜めで待ってるよぉ〜

     

    ★ 紅葉 ランプの宿「青荷温泉」

    ※ YouTubeで観にいいよ、画像をクリック!!!

     ★ ご予約はこちらもご利用いただけます

    オンライン予約はこちらもご利用できます

    PAGE TOP