ランプの宿「青荷温泉」とは・・・

開湯 昭和4年、秘境青荷渓谷の渓流沿いに本館と3棟のはなれが散在する青荷温泉は、 ランプの宿として知られる、ひな びた風情の秘湯です。
2001年より通年営業となり、雪の多い冬期間も営業しております。
四つのお風呂「健六の湯」 「・露天風呂」 ・「本館内湯」・「滝見の湯」を、 「ゆったど・じったど」湯巡りしながら、青荷渓谷の豊かな自然を楽しみに「来いへぇ〜!」
ランプ-01
内湯-01
囲炉裏の間-01
帳場
雪の正面玄関
01-桜咲く春
02-桜(ソメイヨシノ)
03-新緑から深緑へ
04-山桜
05-渓底の青荷温泉
06-そして紅葉の秋
07-青荷紅葉
08-よぐ来たねし ランプの宿青荷温泉
08-只今営業中

所在地 〒036−0402
青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1の7
пF0172-54-8588 Fax:0172-54-2655
公式サイト: https://www.aoninet.com/

宿泊施設

本館・水車館、離れ三棟 全和室、宿泊人数:100人
(浴衣・タオル・ハブラシの用意あり)

風呂(四ヶ所)

健六:(男女別) 
本館内湯:
(男女別) 
滝見の湯:(男女別)
露天風呂:(混浴:レディース・タイム有)

最新情報

Web版 青荷便りです。
ランプの宿青荷温泉の今日この頃を感じてけぇ〜・・・・

”津軽弁” ( ほらぁ、出だべぇ〜!
発音・イントネーションは帳場で聞でけぇ〜
)
 ←マウスを乗せると・・・

★ 梅雨の中の青荷温泉 ・・・ (7/1)

  • 梅雨空に霞む青荷山道
  • 本館入り口
  • 草木に埋もれる離れ
  • 青荷川
  • 草木に埋没する「健六の湯」
  • 草木に埋もれる露天風呂に幻渓楼
  • ツルアジサイ
  • 露天風呂とヤマボウシ
  • ヤマボウシ
  • 梅雨空に霞む青荷の山々
  • うっそうとした梅雨時の青荷温泉!!

     梅雨入りの日本列島、各地では悪天候の為、災害のニュースも流れる今日この頃!

     一週ほど前までは雨降らずのカラカラ天気で、地元農家にとっては困ったものであったが、ここに来て少しは恵みの雨か?

     そして、ここ青荷温泉もここ数日は、小雨混じりの曇り空が続き、山々もしっとりモード。

     宿までの下り坂は、目一杯葉を付けた木々に視界を奪われ、沢向の山並みが目隠し状態。
     坂の途中から見える山々は霧に見え隠れし、沢向では濃霧に隠れたりと、分刻みで姿を変えている。

     外では梅雨時の自然にどっぷど浸かり、宿の中では温泉にどっぷど浸かりリフレッシュタイム

     そんな梅雨時の青荷温泉さ”どっぷど” ( どっぷど=どっぷりと
    )
      浸かりに来いへぇ〜!

      ”ぬぐだまる湯っこ、ズッパド溜で、待ってるはんで!!” ( ぬぐだまる=温まる
    ズッパド溜で=一杯溜めて
    この場合=温まるお湯一杯溜めて待ってます。
    )
     

     もちろんウイルス持ち込みは禁止!

    ★ ランプの宿「青荷温泉」の四季
    Four seasons of the "Lamp no yado Aoni Onsen"

    ※ YouTubeで観にいいよ、画像をクリック!!!

     ★ ご予約はこちらもご利用いただけます

    オンライン予約はこちらもご利用できます

    PAGE TOP