ランプの宿「青荷温泉」とは・・・

開湯 昭和4年、秘境青荷渓谷の渓流沿いに本館と3棟のはなれが散在する青荷温泉は、 ランプの宿として知られる、ひな びた風情の秘湯です。
2001年より通年営業となり、雪の多い冬期間も営業しております。
四つのお風呂「健六の湯」 「・露天風呂」 ・「本館内湯」・「滝見の湯」を、 「ゆったど・じったど」湯巡りしながら、青荷渓谷の豊かな自然を楽しみに「来いへぇ〜!」
ランプ-01
内湯-01
囲炉裏の間-01
帳場
雪の正面玄関
01-健六の湯
02-紅葉の秋から晩秋へ
03-晩秋健六の湯
04そして静寂の冬・・・
静寂の冬
06-よぐきたねし
08-只今営業中

所在地 〒036−0402
青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1の7
пF0172-54-8588 Fax:0172-54-2655
公式サイト: https://www.aoninet.com/

宿泊施設

本館・水車館、離れ三棟 全和室、宿泊人数:100人
(浴衣・タオル・ハブラシの用意あり)

風呂(四ヶ所)

健六:(男女別) 
本館内湯:
(男女別) 
滝見の湯:(男女別)
露天風呂:(混浴:レディース・タイム有)

最新情報

Web版 青荷便りです。
ランプの宿青荷温泉の今日この頃を感じてけぇ〜・・・・

”津軽弁” ( ほらぁ、出だべぇ〜!
発音・イントネーションは帳場で聞でけぇ〜
)
 ←マウスを乗せると・・・

★ 夏期営業体制スタート (4/1)

  • 水車館
  • 周辺の雪が消えた「健六の湯」
  • 雪代の入り始める「青荷川」
  • 通路の雪捨てで山盛りの雪もゲソっと消えた。
  • 本館回りも春模様
  • 雪解けで水量を増す「竜ヶ滝」
  • ひと冬を過ごしヒョッコリ!
  • 竜が池の水芭蕉もヒョッコリ
  • 水芭蕉が「そろそろ出番かしら?」とヒョッコリ。
  • 日当たりのいい斜面はすっかり雪も消え・・・
  • さぁ〜、今日から四月、夏期体制での営業スタートだよ〜!

      ♪春が来た 春が来た どこに来た〜、

      ♪青荷に来た 谷間に来た 宿にも来た〜!!

     思わず歌が出るほどグッと春めいて来た青荷周辺。

     敷地内はもちろん、周りの山々も ”ゲソゲソど” ( ゲソゲソど=ゲッソリと・ごっそりと
    )
     雪が消え、めっきり春らしくなった青荷温泉。

     さぁ〜今日からその四月、春が来たとなれば青荷温泉の営業も冬期体制から夏期体制へと衣替えだ!!

     夏期体制でのおもな営業内容

    1. 宿泊料金
      宿泊料金 11,150円から(平日大人一人税込)
    2. 自家用車での来館可能
      冬期間通行止めの自家用車での来館が可能となります。
    3. 送迎本数及び時間
      自家用車乗り入れに伴い午前・午後各2便となります。
      また、送迎時間も若干変更になります。

     ★ 山道の路面の雪は無くなっても、道路脇の雪解け水が朝夕の寒さで凍ることあるので山道走行は用注意!!

     料金詳細はこちら ⇒

     アクセス詳細はこちらで確認してください ⇒

     さぁ〜春だよ、っと言っても青荷の湯っこは春も冬も関係ネ!

     青荷の湯っこは何時でもズッパド出して溜めて置ぐはんで、各自ギリッとデスタンス厳守の気持ちっこで湯っこさ来いへぇ〜!

       ”ほこらっとす湯っこ” ( ほこらっとす湯っこ=ほっこりするお湯
    この場合「ほっこりするお湯を一杯溜めて待ってます」
    )
      ズッパド溜めで待ってるよぉ〜

    ★ ランプの宿「青荷温泉」の四季

    冬

    ※ YouTubeで観にいいよ、画像をクリック!!!

    コロナ対策

    当青荷温泉は、新型コロナに対し以下を実行中です。

    • チェックイン時、すべてのお客様の本人確認と検温を実施しております。
    • 従業員の毎日の健康管理とマスク着用、手指消毒を徹底しております。
    • 施設内の定期的な換気、清掃、消毒を徹底しております。
    • 人との適切な距離を確保するための工夫を実施しております。
    • 発熱などの症状のあるお客様には、利用の自粛をお願いしております。

     ★ ご予約はこちらもご利用いただけます

    オンライン予約はこちらもご利用できます

    PAGE TOP